Topic cocoboro

There are 10 blog posts in Author cocoboro.

Pelikan M101N Tortoiseshell Brown購入記

Pelikan_M101N_TortoiseshellBrown_01

去年のペリカンの限定品は、どれもかなり好みでした。 その中でずっと楽しみにしていたのが、M101N Tortoiseshell Brown。 ところがペリカンの限定品は、ことごとく発売日が延期になっていく状況。 特にこのトータスシェルブラウンは、結局今年になってからの発売と、最も遅れてくれました。 まあ、財布的には分散してくれて、助かりはしたんですが。。 とはいえ、ルビーレッドのように最初の写真から素材が変わって、完全に別もんやんって状態になったら最悪。 しかもトータスシェルブラウンは、復刻といいつつ、どんなデザインになるのか情報がでてこない状態。 趣味の文具箱に写真が載ったーって思ったら、昔のトータスシェルだったり。。 まあそんな状態だったにも関わらず、あっさり予約してしまってたんですが。 今回はおとなしく(?)P&Mで予約。。 結局、もう予約したことも忘れたぐらいになって、入荷の連絡がありました。 さっそく受け取りに行って、試筆開始。 まず軸ですが、先に写真で見ていた通り、ブラウンというよりグリーンって感じ。 ぶっちゃけ、これで復刻ってのはどうなんだ??って思ったり。。 ただ個人的にはこの色もあり、というか結構好きです まあ完全に好みの世界ですが、復刻を期待していた人にはショックだったかも。。 特にインク窓が緑なのは、好みが分かれるところだと思います。 さて書き心地の方ですが、ペリカンの品質がここのところあんまりよくないので、気合を入れて試し書きを実施。 ん?? 角研ぎじゃない?? ペリカンが丸研ぎになってもう1年経つので、当然トータスシェル丸研ぎだと思ってたんですが、書いた感じは角研ぎっぽい雰囲気。 ちょっと気になったので、店主に聞いてみたんですが、丸研ぎのハズとのこと。。 一応ルーペで見せてもらったんですが、確かに角研ぎとは違います。 でも書くと角研ぎっぽいんですよね。 そういや丸研ぎになったけど、書くと角研ぎっぽくなるようにしてあるって、どこかで読んだ気がします。 その時は、そんなわけないやん、、って流してましたが、これがそういうことでしょうか。。 個人的には角研ぎの方が好きなので、書いた感じが角研ぎっぽけりゃ、いいっちゃいいんですが。。 さて肝心の書き味ですが、これがとってもいい感じ。 ペン先はBにしたんですが、フローも抜群ですし、掠れることもありません。 店主と話してると、今回のトータスシェルのペン先はかなり良好とのこと。 ルビーレッド、ブルー・オー・ブルーと、結構悲惨なペン先だったみたいですが、ペリカンも改心したんでしょうか?? 角研ぎっぽく、書き味もイイ! ますますトータスシェルが好きになりました。 P&Mでは1年間は調整無料ですので、いったんは未調整のまま持ち帰り、暫く使った上で必要に応じて調整してもらうことにしました。 持って帰ってからはPrivate Reserve InkのGray

Read More

WILDSWANS Advance(M) 手帳カバー

Advance(M)_01

万年筆にはまって以来、ほぼ全ての場面で、筆記具は万年筆になってるワタクシ。 当然、手帳も万年筆で書くことを重視して選んだ結果、万年筆用の用紙リスシオ・ワンのモノに行き着きました。 ただこのリスシオ・ワンの手帳はある意味ただのノートなので、去年1年使った結果、手帳カバーがあった方がベターかな、と。 ということで、今年は手帳カバーを装備しました。 手帳は仕事用とプライベート用を分けていて、仕事用の手帳カバーとしては、ル・ボナーの手帳カバーを使っています。 そしてプライベート用の手帳カバーとして、このWILDSWANSのAdvance(M)を使っています。 しかもステッチを赤に変えてもらったパターンオーダー品です。 Advance(M)は元々クオバディスのExecutive用の手帳カバーですが、リスシオ・ワンはサイズが同じ(というか意図的にそうしたらしい)。 Executive用のカバーっていろいろある割に、個人的にはあんまり気に入ったものがなかったんですよね。 その中でAdvance(M)は群を抜いて気に入りました。 今はマンスリーと方眼ノートを差して、プライベートの手帳andノートとしてたえず持ち歩いてます。 Advance(M)のポイントはペンホルダーが2つ付いているところ。 1つはOwlのように大きなホルダーなので、軸を傷つけてたくない万年筆でも、比較的安心して挿せます。 もう1つはペンクリップみたいになっていて、小さなペンを使えば2本同時に挿せるような作りになってるんです。 ※写真はAURORAオプティマデモンストレーターとPelikan

Read More

85 Aniversary Red Limited Edition 〜アウロラ創業85周年万年筆レッド 〜

AURORA_85th_Red_05

Read More

WILDSWANSのペンケースPeek A Boo II

PeekABoo2_01

色々手に入れてるけどBlogにアップ出来ていないものを、ボチボチと紹介していこうと思います。 まずはWILDSWANSのペンケースPeek A Boo II!! 万年筆用のペンケースって1本差しと3本差しは充実してますが、意外に種類が少ないのが2本差し。 普段の仕事用に、手帳用のEFとノート用のFからBの2本の万年筆を使っていて、この2本用のペンケースを何かと物色していました。 結局選んだのは、ここのところのお気に入りであるWILDSWANSのPeek A Boo II WILDSWANSはフルハルターとコラボしたペンケースなんかもあって、結構ステーショナリーには力を入れてます。 私もA5ノート用のカバーであるOwlも持っていて、そのペンフォルダーの作りに万年筆使いへの愛の気持ちを感じています さてこのPeek A Boo IIですが、革はWILDSWANSお得意のベルギー製サイドプルアップレザー。 私はこの革が大好きです。 独特の肉厚感と光沢がなんとも言えません。 小銭入れのTONGUEも持っていますが、使い込んでいくとクタッとした感じと光沢とがとってもいい雰囲気になります。 実際、ペンケースはガシガシ使ってエイジング、っていうものではないんですけど、せっかくの万年筆を入れると考えると、質感がいい革モノは相性がいいかな。 機能面で行くと、ペリカンならM800までは問題なく入るサイズ。 蓋の部分がベルト式に挿し込むだけなのでM1000でも入りますが、さすがにちょっと大きい感じ。 真ん中の仕切りは可動式なので、少々太目のペンでも入ります。 さすがに2本とも太くすると、対応できませんのでご注意を。 後、ペンのクリップを指す部分が別の革になっていて、差しやすくなっています。 これは恐らくフルハルターさんとのコラボの時に、森山さんと行った工夫の結果だと思います。 ただ私はあんまりクリップをペンケースに差して固定しないので、ほぼ使ってませんが・・・ またそれなりに肉厚な革なので、ペンの保護に関しては相当安心できるレベルです。 全体のデザインはWILDSWANS独特の丸みを帯びた雰囲気そのもので、私はかなりのお気に入りです。 ずっと仕事で使っていて、打ち合せなんかでは万年筆もよく見られますが、このペンケースはもっとよく見られてる気がします。 (実際はたただか筆箱とペンに金を賭けるナルシストな人やって思われてるだけの気がしますが) Peek A Boo IIはデザイン的にも機能的にも、オススメの2本差しペンケースです。 気に入りすぎて、なぜか1本差しまで買ってしまいましたが、その紹介は別の機会に。。 ※3枚目はペリカン スーベレーン

Read More

Pelikan Souveran M320 Ruby Red / ペリカン スーベレーン M320 ルビーレッド 購入記

M320_RubyRed_01

2010年のペリカンは、限定品が予定通りに発売されないことでかなりの権威となってました。 いろんな人に聞いてみると、いつものことだとか、今回はちょっと酷いとか、いろんな意見はありましたが、総じてまあこんなもんなんじゃない??的な雰囲気。 厳格なイメージのドイツであっても、まあこんなもんなんですね。。 聞くところによると、ルビーレッドは各国の注文数を代理店から聞いてから大量生産に入ったとか。 で、意外に注文数が多くてここまで時間がかかってしまったんだ、ということらしいです。 この流れでとっても残念になってしまったのが、最初の材料がなくなってしまって、結構外観が変わってしまったこと。 私の場合、最初の写真を見て、「フォーコを超える好みの赤だーー」と思って予約したので、この仕様変更にはかなりトーンダウン・・・ 一瞬、海外のお店から個人輸入しようかと思ったぐらいですから。 まあ、嫌いではないですが、どうしてもサラミっぽく感じてしまいます。 なんとなくですが、女性には今の仕様の方が好まれそうな気がします。 さてこんな荒波に揉まれたルビーレッドですが、手帳用に使おうと思っていたのでペン先はEFにしようと思ってました。 ペリカンのEFは何度か試筆したことがあったんですが、やっぱりペリカンは太字向きで、EFの書き味はあまり好きじゃありませんでした。 とはいえ手帳での実用を考えると、どうしてもEFじゃないとしっくり来ない状況だったんですよね。 (去年は手帳にクオバディスのビジネスプレステージを使っていた) そこで思いついたのが、かの有名な森山スペシャルでのEF購入。 ちょうどペリカンのペン先が丸研ぎに変わってきたところだったのもあって、フルハルターでの購入に違和感がなくなってきたところでした。 何よりも森山スペシャルのEFはコンセプトがとっても好み。 EFが好きになれなかったのは、ペンポイントがちっちゃいからではないかと。 ペンポイントが小さいと、どうしてもカリカリした書き心地になってしまうような気がするんです。 そこでBBから削り出してEFにした森山スペシャルであれば、カリカリ度が低いんじゃないかと。 後、森山スペシャルは森山さんしか作れない訳で、既に結構なお年な訳で・・・(自粛) (後継者は育てておられるのかしらん?

Read More

Pelikan Souveran M450 Vermeil Tortoise / ペリカン スーベレーン M450 バーメイル・トータス 購入記

Pelikan_M450_VermeilTortoise_01

ずっと欲しいと思っていたけど手が出せなかった万年筆として、ペリカン M450 バーメイル・トータスがありました。 手が出せない理由は、もちろんそのお値段・・・ 400系と考えるとどうしても割高な感じがしてしまいます。 ところがそんなM450が、今年のペンカタログからなくなっているということを聞きました。 なんとなく、近い将来そんなことになるかなぁ、、なんて思ってましたので、来るべき時が来たなあと。 ただタイミングは最悪で、万年筆を買いまくっている上に、次の予約までしている状態。。 さすがにすぐに買おうとは思えない状態だったのですが、まあとりあえずPen and

Read More

Daniel&Bob CULODORO / RODI ~ダニエル&ボブ クロドーロ / ロディ ~

Read More

セミオーダースーツ購入

Read More

DELTA dolce vita midium (ドルチェビータ ミディアム)

DolceVita_01

来年の手帳ってもう店頭に並んでいるかなぁ、、なーんて軽い気持ちで文具を見に行ったのが散財の始まりでした。 買ってしまいました、ドルチェビータ ミディアム。 ちょっと前にミディアムが絶版になると聞いた時、いつかはドルチェビータを持ちたいと思っていましたが、ミディアムサイズにこだわることはないよね、と自分に言い聞かせてました。 たぶん買うならスリムかなぁと。 ここは華麗にスルーするはずだったんですよ、ほんとは・・・。 事の発端は何気なくドルチェビータ

Read More

ペーパーウェイト ~カンダミサコ~

もう2週間前のことですが、Pen and

Read More
Contact Us