ウェブ進化論

今更ながら、「ウェブ進化論」を読みました。

ベストセラーということで、賛否両論があるようですね。
概ね、IT関係者以外には好評で、IT関係者では意見が真っ二つといったところでしょうか。

ターゲットを著者の言う「こちら側」の住人に絞っているのであれば、内容の難易度・掘り下げるレベルも、よく考えられていると思いました。
もちろん、IT業界でバリバリに働いている人にとっては、もうちょっと突っ込んだ内容が欲しくなりますが、
たぶん、そういった人はもっと詳しい本を読んで下さい、ってことなんでしょう。

まずはここ数年でIT業界やインターネット上でのビジネスの世界で、いったいどんなことが起こってるの?っていうのが知りたい方にとっては、非常にとっつきやすい本じゃないでしょうか。
バックグラウンドの知識がある程度ないと、間違った解釈をしそうではありますが。

よく言われるGoogle賛美ですが、ぼくはGoogleが好きなのでOKです。
だってGoogle Earthやってたら、すぐに時間が経つぐらいはまりますもん。
Gmailもがんばって紹介してもらえる人を探して、すぐに使い出しましたもん。
Googleカレンダーも使ってますもん。(携帯から更新できないのが不満)

やっぱIT業界にいる人間にとってはわくわくさせるソフトウェアを提供してくれますもんね、Googleは。
ということで、概ね、好感を持った本でした。
新幹線や飛行機での移動なんかにお勧めです。
後は、ちょっと知識をつけてきた、今の時期の新人職員なんかに読んでもらうのもいいかもですね。

ウェブ進化論
本当の大変化はこれから始まる
ちくま新書
著者:梅田望夫
出版社:筑摩書房
サイズ:新書/249p
発行年月:2006年02月
ISBN:4480062858

Respond

Contact Us