2日で人生が変わる「箱」の法則

ちょっと前に話題になっていた、本です。
『自分の小さな「箱」から脱出する方法』という、アメリカのベストセラー本の続編とのこと。
前作は読んでいませんが、特に問題なく読めました。

この本を読もうと思ったのは、最近、ますます人生に締める「人との関わり」重大さを感じてきていたから。
特に、仕事の場面では、「人」の重要性に比べると、他のものが大分霞んで見えてきているぐらいです。
どんな仕事でも、やっているのは「人」ですから。

で、Amazonのレビューを色々読んでみて、この本が面白そうだと思って、読んでみました。

内容は、とにかく仰るとおりです。。
わかっちゃいるけど、なかなか難しい、そんな行動について改めて考えさせられました。
そんなにうまく行くわきゃないやろ?って思う反面、
おいらの経験上でも、当てはまる部分が多いと思わされました。

うまく行っている時は、人間関係のフェアさが保たれている時で、それの状況を自分が意識して作ってる時が多いんですよね。
なんとなく、自分の方向性や考え方は間違っていなかったと思ったんですが、実践するとなると、これはもうほんとうに大変です。
でも、みんながこうやって同じように考えていたら、幸せだと思える機会が増えるんでしょうねぇ。
がんばりすぎている上司なんかに読んで欲しい本でした。

2日で人生が変わる「箱」の法則
すべての人間関係がうまくいく「平和な心」のつくり方
著者:アービンジャー・インスティチュート/門田美鈴
出版社:祥伝社
サイズ:単行本
ページ数:300p
発行年月:2007年09月
ISBN:9784396650407

Respond

Contact Us