IWC ポルトギーゼ クロノ・オートマティック Ref.IWC371417

購入してから結構経ちましたが、たぶん最初で最後になると思う高級腕時計として、IWC ポルトギーゼ クロノ・オートマティックにいっちゃいましたのでそのお話。

選んだのは青針にこれまた青の革ベルトのもの。
以前のエントリでも書きましたが、全然タイプが違うんですが、ブライトリングのクロノマットB01と最後まで悩みました。
悩んだ理由は、最初付けた時にポルトギーゼが意外に白くてのっぺりした印象で、B01の方がカッコよく見えたのと、でもB01は歳を取った時につけづらいぐらいに輝いてるなぁってのと、シンプルなかっこよさならやっぱポルトギーゼだなぁってのと、革ベルトってどうなんてのと、・・・、、
という感じで、今考えても悩んでるポイントがバラバラ、なかなか答えが出づらい状況でした。

ぶっちゃけ、もっと安けりゃそんなに悩まないんですけどね
いざ買おうとしてわかったのは、時計コレクターはすごいな、と。
この趣味の道は相当なもんですよ。。

さてポルトギーゼクロノですが、とにかくデザインが気に入ってます。
落ち着いているのに存在感を感じますし、それでいて黒に近い青のベルトだったり針だったり、なんとも言えないいい雰囲気。
ぶっちゃけ、この時計に合う程、私が洗練されていないことが最大の問題でしょうか
自動巻きの時計はもちろん初めてですが、日曜とか気が向いたら手で巻いているので、特に止まることもないですね。
さすがに旅行で家を4日開けた時には止まってましたが。。

時間もずれるのかな?って思ってましたが、ちゃんと計ってませんがズレを感じることもありませんし、合わせ直したこともまだないです。

気にしてるのは革ベルトの扱い。
ボッテガのリストバンドが結構すぐにやばくなってきたので、無理に折り曲げないように気をつけながら、つけはずししてます。
まあ革ですからどこかで寿命がくるのは仕方がないんでしょう。
そのうちカミーユ・フォルネあたりのベルトを買ってしまいそうですが、純正のベルトが気に入ってるので悩みどころです。

値段を考えると手放しに満足、という訳にもいきませんが、気に入り度は相当なもので、この時計と一生付き合っていこうと思います。
しかし高級時計を買うなんて、やっぱ大人になったんですねぇ、私も・・・。

IWC_PORTUGUESE_CHRONO_01.jpgIWC_PORTUGUESE_CHRONO_02.jpg

Respond

Contact Us