RHODIA #11用カバー minimo

SW革小物手入れの最後に登場するのが、「minimo」というRHODIAのメモカバーです。
こちらもGANZOブランドでおなじみの味岡さんが作っているもので、2008年の11月中旬頃にsideriverさんで購入しました。
RHODIAのメモカバーはクラチカヨシダ限定のPORTERロディア#11用カバーを愛用しています。
今はこの商品を全く見かけないので貴重なんでしょうか。
タンカーのようなナイロンに小紋のような柄が入ったカバーなんですが、革ではないのが非常に使い心地がよく、一軍の押しも押されぬエースとして大活躍中です。
使い勝手重視でいえばPORTERになるんですが、やっぱり革製品のカバーも見てると欲しくなります。
さらにそれがシェルコードバン製となれば買わずに入られません・・・。
ということで、プライベートで大事に大事に使っているのが、このminimoです。
やっぱりシェルコードバンの質感は最高で、単なる使い捨てメモでしかないRHODIAも高級品のような気がしてしまいます。
(持ち主の思い込み)
今回手入れをしましたが、表面にいくつか傷がついてしまっています。
うーん、名刺入れよりも使用頻度が低いんですが、こっちは運がない子のようです。
これもsideriverさんのページではブッテーロのものしか紹介がなく、それも売り切れてるようですね(2009/9/22時点)。
ますます大事に使わないとだめですね。
20090922_Minimo.jpg

  1. ロディア(Rhodia)・モレスキン(Moleskine)の使い方やカバー

    ブランド「Paul Smith(ポールスミス)」ブライドルレザーのロディアカバー

    Paul Smith(ポールスミス)のロディアカバー http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b106337945 ブライドルレザーの財布なら持っていますが、 この写真に見える白いロウは少しずつ見えなくなっていきます。 堅くて艶のある革です。 ただ、高級ブランドではなくて、..

Respond

Contact Us