WILDSWANSの小銭入れ TONGUE

JR西日本ユーザの私は、ICOCA愛用者です。
地下鉄に乗る時もICOCAですし、東京に行ったときもJRはICOCAです。

ところが仕事の関係でPiTaPaも持つことになりました。
ICカードは1つの定期入れに2つ入れると、改札を通る時にかなり気を使う感じになってしまいます。
だからといって、こんなことのために定期入れをもう1つ買うのもなぁ、、と思っていたんですが、本当はかなり気になっていた製品が・・・

それがWILDSWANSのTongueです。

OWLを使い始めて以来、WILDSWANSのコパの仕上げの美しさや、サドルプルアップレザーの質感にも完全に虜になっていました。
そこでホームページやら関西でも取り扱いのある店やらで色々眺めてたんですが、そこで気になったのがTongueという小銭入れ。
とにかく形がかっこいいんですよねぇ。
そしてなんと、クレジットカードのサイズであれば、収納できるポケットがあるんですよ。
これでICカード2枚問題は解決しちゃいますよ。。

なんですが、とはいえ、私にはずっと愛用してエイジングを進めているキプリスの小銭入れがある訳で、この子のエイジングを簡単にやめるわけにはいかないんですよねぇ。。
だからと言って、別の定期入れを買うのもなぁ、とかなり迷ったんですが、結局、サドルアッププルレザーの魅力に負けて、入手しました。

WildSwans_Tongue_01.jpg

使用2日後の写真です。
色は茶色で、この革はかなりツヤがあります。
これにはちょっとびっくり。
OWLとは色が違うんですが、ここまでツヤが違うとは・・・。
やっぱり革は個体差があるので、そういうことなんでしょう。
まあ、OWLも気に入っているので、全く問題ないですが、この革を見せられると、さすがにちょっとかすんでしまいます。。

しかもたった2日ですが、もうエイジングが始まって、ちょっと雰囲気が変わってきました。
いやー、かなりシブく育ちそうな予感がします。

ずっと肌身離さず持っていたキプリスの小銭入れ君にはしばらく休憩してもらって、こっちに乗り換えてエイジングを楽しみます。。
他の角度の写真も。。

WildSwans_Tongue_03.jpgWildSwans_Tongue_02.jpg

Respond

Contact Us