Daniel&Bob CULODORO / RODI ~ダニエル&ボブ クロドーロ / ロディ ~

ジャスミン以来、Daniel&BobというかRODIにハマりまくっている私。
ピッポも買ったし、完全に流行ラインにのっかってます。

そしてこれで終わってはいませんでした。
なんと当然のように(?)クロドーロも買ってしまっていたのです!!

最初クロドーロを見た時には、おっきな縦型トートを買ってもねぇ、、オロビアンコもあるしねぇ、って否定的だったんですよね。
正直、あんまり使い勝手が良くなさそうで・・・。
だから表参道のBEYESで見たり、EDIFICEで見たりはしてたんですが、それでも食指は動かずおさまってました。

その流れが変わってきたのが、去年の札幌旅行辺り。
何気なく入ったお店に置いてあった、黒のクロドーロを見て、というかRODIを見て、そのかっこよさに突然やられてしまいました
黒RODI渋い、渋すぎっす!
危うくその場でお買いあげ~ってなりそうなとこまで衝動に突き動かされてましたが、なんとか踏ん張って札幌では我慢。。
(そういや最終日には別の鞄を買ってたな・・・)
でも一度スイッチが入ってしまうと、なかなか止まらないのが散財ヤローの真骨頂です。
そう、もはや運命からは逃れられないのです。。

で、ずーっと気になっていたら、お約束のBEYESさんの別注クロドーロが登場。
今度はあっさり、そして晴れてお買い上げとなりました。。
(札幌で何のために我慢したのかというツッコミはなしで。。)

さてクロドーロ君の感想ですが、外観は黒RODIのおかげで全く文句なし!!
いつ持っても惚れ惚れしてしまいます。
肩がけと手提げの2Wayは思っていたより便利でした。
意外と手提げ状態で持つことが多くて、それでも大きさ的には気になりません。
BEYES別注の特徴である、手提げ部分の取っ手が折れる仕様は、ぶっちゃけどっちでもよかったかも。
意外に取っ手が立ったままもかっこいい気がするんですよね。
通常品を持ったことがないからよーわからんのですが。

問題があるとしたら使い勝手の部分。
ここからは個人の主観ですので、あしからず。。
これはDaniel&Bobの鞄(私が持ってるジャスミン・ピッポ・クロドーロ)に共通していることなんですが、とにかく内ポケットが少ない。
やたらと内ポケットがありまくるBRIEFINGとは対照的です。
皆さん内ポケットは使ってるんですかね?
実を言うと、私はバッグインバッグを使っているので、内ポケットはほとんど使ってないんですよね。
Daniel&Bobの鞄で内ポケットが少ないことが気になる方は、ぜひバッグインバッグを使ってみて下さい。
内ポケットの少なさ解消だけでなく、とにかく鞄の使い分けには便利です。
仕分けも出来ますしね。

鞄を変えるときの楽さがいい、というより、お手軽に鞄を変える気になる部分が私は気に入ってます。
さてクロドーロに話を戻すと、意外に気になるのが間口の狭さ。
結構おっきな鞄なんですが、スナップをしていると、取り出す部分が意外に狭い・・・。
バッグインバッグもギリギリ入るぐらいの広さです。
この部分はめちゃくちゃおっきく開くオロビアンコのトートとの比較、という部分もなきにしもあらずなので、気にならない人の方が多い気はします。
最終的にはスナップを外せばいい訳ですし。

ざっと使ってみた印象を書くとこんな感じでしょうか。
クロドーロは見た目通り、結構いろんなモノが入るので、仕事にも使えそうです。
(ただPCはB5サイズでも縦にして何とか入るぐらいなので、IT系の人には微妙かも)
私は勉強中心でカフェに行く時、車を使う時にはクロドーロ、電車を使う時は駅まで自転車で行くので、斜めがけ出来るジャスミン、といった形で使い分けてます。
そして、とにかく黒RODIは渋いのでオススメです。

CulodoroSak.jpg

Respond

Contact Us