DELTA dolce vita midium (ドルチェビータ ミディアム)

来年の手帳ってもう店頭に並んでいるかなぁ、、なーんて軽い気持ちで文具を見に行ったのが散財の始まりでした。
買ってしまいました、ドルチェビータ ミディアム。
ちょっと前にミディアムが絶版になると聞いた時、いつかはドルチェビータを持ちたいと思っていましたが、ミディアムサイズにこだわることはないよね、と自分に言い聞かせてました。
たぶん買うならスリムかなぁと。
ここは華麗にスルーするはずだったんですよ、ほんとは・・・。

事の発端は何気なくドルチェビータ ミディアムを眺めていた時に店員さんに声をかけられたこと。
「このミディアムは絶版になったんですよ。当店も後2本しかなくて・・・。ちなみに置いているのは両方18金のペン先です」
むむ?ミディアムの上に18金のペン先のやつ??
いや、たぶんそんなに売れる万年筆じゃないんで、18金が出回っていても全然おかしくないんですよ。
さらにぶっちゃけ14金も18金も書き心地の違いは私には全くわからないんですよ。
今なら冷静にそう言えるんです!

って、なんに言い訳をしているのかわかりませんが、その店員の話しかけに対しての私の回答。。
「バーメイルはないんですか?」
おいおい、買う前提の話し方やないかい
そして店員さんの次の言葉でスイッチが入ってしまいました。。
「いやー、バーメイルはつい2、3日前に売り切れたんです。申し訳ありません」
これ、店員さんわざと言ってるとしか思えません。
絶対射幸心を煽っていますよ。
と言いつつスイッチの入った私は、とりあえず書いてみて当たりのペン先かどうか見てみようと思ってしまいました。

まあ調整店でもないし、イタリア製の万年筆だし、渋めで硬い書き味だろうと予想していて、これで購買欲も落ちるかなぁ。。なーんて思っていたんですよね。
残っていたのはFとM。
とりあえず両方書かせてもらうことにして、まずはMから。
って、びっくりしました!!
かなり当たりのペン先です。
フローもいうことないし、何よりとっても柔らかく感じる!
ドルチェビータは何度も試筆をしていたんですが、その中でもかなり当たりな気がします。
しかもMといってもかなり太目でBに近くてとってもいい感じ。
とはいえ、つけペン分を割り引いて、今のインクがセーラーのインクでさらさら系だというのも考慮して。。
うーん、それでもこれはかなり当たりなんじゃないかと。
気持ちを落ち着かせるためにFも書いてみました。

こちらの方はハズレではないですが、まあ普通の書き味。
これがさらに購買欲に火をつけました。
このMは当たりなんじゃないかと!
ということでこの時点でもはや私の抵抗力は全くなく、散財ウィルスに体の奥まで侵されていました。
まあ前から欲しかったし、ちょうどよかったかなぁ・・・と。
ってかなりの散財ですが。
買った後は色々と自分の散財っぷりを後悔したりもしましたが、まあ買ってもうたもんはしゃーないので前向きに使っていこうと言い聞かせました。。

とりあえず今はどんなインクを吸わせるか思案中。
それまでは観賞用に机の上に置いておきます。
それにしてもお店の店員さん、かなり変わった人でした。
まず客の話を聞かないww
そしてあんまり商品知識がないww
言ったことをすぐになかったことにするww
とにかく最初は18金をすごく押してきていて、14金との違いを熱弁。。
書くことに集中したかったので、
「ふっちゃけ14金も18金も書いてても違いなんてわからないですよね」
って言ったら、
「まあ気持ちの問題ですから(満面の笑み)」
って、さっきまで違いについて熱く語ってたやん!!

さらにインクの色を聞いたら、デルタは黒と青しかないとか(アウロラの間違い??)、それに対してお店に置いてあるオレンジを持ってきてこれは?って聞いたら、それはオレンジですね!!とか、まあ典型的なマイペース店員でした。
店員ってマイペースで成り立つんでしたっけ??(笑)

まあポイントを今日の購入分から付けてくれて、結構な割引券をくれたのでよかったんですが。。
今のところは後悔半分、喜び半分ですが、どんどん使って元を取ります!

DolceVita_02.jpg
DolceVita_01.jpg

Respond

Contact Us