Pelikan Souveran M450 Vermeil Tortoise / ペリカン スーベレーン M450 バーメイル・トータス 購入記

ずっと欲しいと思っていたけど手が出せなかった万年筆として、ペリカン M450 バーメイル・トータスがありました。
手が出せない理由は、もちろんそのお値段・・・
400系と考えるとどうしても割高な感じがしてしまいます。

ところがそんなM450が、今年のペンカタログからなくなっているということを聞きました。
なんとなく、近い将来そんなことになるかなぁ、、なんて思ってましたので、来るべき時が来たなあと。
ただタイミングは最悪で、万年筆を買いまくっている上に、次の予約までしている状態。。
さすがにすぐに買おうとは思えない状態だったのですが、まあとりあえずPen and Messageに出陣してみました。
で、改めて吉宗さんに聞いてみたら、やっぱりペンカタログから消えているとのこと。
そして今のところ入荷の予定はないとの話。

残念だなあと話していると、急に
「ところでニブは何にするつもりです?」
と聞かれました。
特に決めてはないことと、どうせB辺りに走るかなぁなんて答えると、
「じゃあこのBはどうですか?」
と言われて1本のM450を出されました。
基本的に客の趣味に合わせることがモットーのお店なので、なんで??って思ったんですが、聞いてみると、なんでもこの1本はかなり前に入荷したもので、PFニブなんだそうです

発売時期から考えて、M450でPFニブなんてない、と思い込んでいたのですが、18金だけはかなり後までPFニブがあったらしいんです。
PFニブであることはそんなにこだわりはなかったんですが、何よりも丸研ぎになる前のニブってのには、散財欲スイッチがきっちり入ってしまいました

一応心を落ち着けて、とりあえずであることが恒例の試筆をさせてもらうことに。
で、書いてみると、まだ調整前なのに柔らかくてヌラヌラ感抜群のペン先です。
これが18金のパワーでしょうか?
今まで18金といっても全くと言っていい程、14金との違いを感じてなかったのですが、これは明らかに柔らかい感じがします。
PFニブだから??
いずれにせよ、当たりのペン先であることには変わりありません。
ということで、あっさり購入決定。

まあお店に行こうと決めた時から、全く抗う力なんてなかったんですよ、この散剤野郎には・・・。
それにこの時はかなりの臨時収入がありましたし・・・。

それにしても自分のことながら、かなりびっくりさせられます、散財への抵抗力の無さに・・・。
まあそれはさておき、この後ちょっとわがままなお願いをしてから改めて入手したんですが、今や仕事でのメインペンになってます。
はじめはこんなキンキラキンなペンを仕事で使うのはどうかと思ってたんですが、やっぱ一番書きまくるところで使いたいということで、思い切って投入!
かなり注目されますが、まあ万年筆を使ってるだけで注目されるので、一緒だと割りきってみました。。
今、もっともお気に入りのペンかつ使いまくっているペンになってます!!

Pelikan_M450_VermeilTortoise_01.jpgPelikan_M450_VermeilTortoise_02.jpg

Respond

Contact Us